ED治療の薬剤であるフォーゼストについて

フォーゼストは、インドのランバクシー・ラボラトリーズ社が製造販売している「シアリス」のジェネリック医薬品です。 ランバクシー・ラボラトリーズ社は、ジェネリック医薬品の分野で、全世界で10位以内に入る規模の会社であり、世界7か国に工場があり、150か国以上で医薬品を販売しています。そのため、世界中で医薬品としての認可を得ていて、安全性が認められています。
フォーゼストは、「タダラフィル」を主成分としているED(勃起不全)治療薬です。心理的要因のEDと、神経や血管などの身体に異常があるEDのどちらの症状にも効果があり、多くの人のEDを解消しています。他のED治療薬と比較して、持続効果が長く、24時間から36時間効果が持続します。薬剤が体内に吸収された後は、食事やアルコールに影響されることなく、高い効果が得られます。フォーゼストの主成分であるタダラフィルは、水にほとんど溶けない性質があるため、性交渉をする前の3時間前に服用することが良いとされています。薬を1回服用した後は、24時間以上間隔をあける必要があるため、注意が必要です。フォーゼストを服用したときに生じることがある副作用は、偏頭痛や顔のホテリ、消化不良などがあります。特に偏頭痛を生じることが多いので、副作用を多く感じる場合は、医師や薬剤師に相談して、薬の服用に関する指導をしてもらう必要があります。この他の副作用として、めまい、鼻水、鼻づまり、腰痛、筋肉痛、下痢、発疹を引き起こすことがあるため、症状が出た場合は注視する必要があります。
フォーゼストは、ジェネリック医薬品であるため、同成分の「シアリス」の4分の1ほどの価格で購入することができます。そのため、人気が高く、多くの人が服用しています。